• ホーム
レザーバッグ ランキング
レザーバッグ > レザーバッグのお手入れ > レザーバッグの染み抜き

レザーバッグの染み抜き

人気ランキングはこちら

レザーバッグの染み抜きは独力で出来るか

革を使って作り出されているレザーバッグですがこうした製品は雨の水が当たるとその部分にシミが出来てしまう可能性がありますから、外出時には注意しなくてはいけません。
万が一雨水にあたってシミが出来てしまった時は染み抜きする必要がありますが、こうした処理は基本的に独力では行えないので注意しましょう。
元々レザーバッグはもみ洗いなどによる染み抜きが出来る性質がないですから、独力で汚れを落とすことは不可能です。
無理やり処理を行うと色ハゲが起きる或いは処置を行う前よりも濃くなるといった問題が起きる可能性があります。
こうした深刻な問題を引き起こす前に定期的に防水スプレーを使うことで予防出来ますから、外出前には道具を使い準備を整えておいて下さい。

染み抜きはどこに頼むのが良いのか

雨水の影響でシミが出来てしまったので染み抜きしたいと考えている時は、専門のクリーニング店に連絡を入れるのが基本です。
クリーニング店では革の種類及び汚れ具合に応じた特別な方法を用いて処理を行い、可能な限りシミを消し去ってくれます。
どうしても汚れとシミなどを消せたいほど症状が重い時は染色補正と呼ばれる処理を始めて、問題となっている箇所を目立たせない処置を始めてくれます。
シミの上からレザーバッグと同じ色を吹き付けて綺麗に消してくれますから、安心してクリーニング店に依頼を出せるのです。
レザーバッグの処理に関する料金は基本的に道具のサイズによって大きく異なるので、この点に注意した上で連絡を入れるのが良いです。
正式に依頼を出す際には症状について細かく伝えることでスムーズに対応しやすくなりますから、事前に伝えたい内容をまとめるのが通常の流れとなります。
その後はしばらくの間レザーバッグを預けることになるので、中に入れている貴重品などを予め全て取り出しておき、すぐ掃除を始められる状態にします。

ランキングベスト3

Vita Felice

価格
\7,980(税込)

アーバンリサーチ

価格
\5,292(税込)

LODISPOTTO

価格
\8,532(税込)
Copyright© レザーバッグ All Rights Reserved.